暮らす(ライフ)

より便利で快適な生活に、いざという時にも役立つスマホ

スマホがあると、日々の暮らしはどんなふうに変わるのでしょうか。

買い物が変わる

まずは買い物。自宅にいながらにして品物が届く通信販売の便利さは、どなたにも経験はおありでしょう。
でも、テレビや新聞で紹介される通販商品といえば、地方の名産品や健康食品、家電製品や寝具など、何か特別なものや高額なものばかりですよね。物珍しさもあって「ちょっと高いな」と思いながらも、つい買っちゃうなんてことも多いのでは?

ネットショッピングなら、食料品や日用雑貨、衣料品やペット用品、趣味の道具まで、ありとあらゆる普段づかいの商品も手に入るうえ、価格の比較も簡単にできるため、「より安く、かしこい買い物」が可能になります。

よりどりみどりのショッピングサイト

ECサイト売上トップの「Amazon(アマゾン)」には、なんと一億種もの商品があり、急ぎの場合には注文の当日に届けてくれるというサービスぶり。
「Yahooショッピング」や「楽天市場」などのECモールには、全国から数万〜数十万の小売店が集まっていますし、最近は「ヤフオク」や「メルカリ」といった個人間での買い物サイトも人気です。

おなじみのスーパーでも

西友、イトーヨーカドー、イオンなど、大手のスーパーマーケットも、インターネットで注文を受け商品を宅配する「ネットスーパー」をはじめています。お米や飲み物など、重たいものを届けてくれるサービスは、シニア世代にこそ活用してほしいものです。

キャッシュレス決済

消費税アップとともに、ポイント還元が受けられる「キャッシュレス決済」が注目を集めています。クレジットカードを持たない人でも、スマホにアプリを入れて使う「QRコード/バーコード決済」なら、手軽にキャッシュレスでのお買い物を始められます。

お出かけが変わる

スマホの真の便利さは、外出先での情報収拾能力にあるといえます。連絡手段が公衆電話から携帯電話に変わっただけでも、ずいぶん便利になったわけですが、スマホならさらに数段上の便利さが味わえます。

地図アプリ

「Google Map(グーグル・マップ)」を使えば、どこに今自分がいるのか、目的地がどこにあって、どうやって行ったらいいのかを瞬時に調べられます。最寄り駅からの電車の時刻や乗り継ぎ方も詳しく教えてくれるので、待ち合わせがさらに便利になりますし、出先で近くのお店を探すのも簡単です。

情報サイトの活用

グルメ情報サイトで美味しそうなお店を見つけたり、イベント情報サイトで近場の催しものを探したり、スマホがあれば、楽しいお出かけの機会も増えることでしょう。

天気予報もきめ細かく

お出かけ時に気になる天気も、スマホのアプリを使えば、よりきめ細やかに精度の高い予報を得ることができます。今自分の居る場所に雨雲が近づくとお知らせしてくれる機能は、とても便利です

いざという時にも

お医者さんを探す

どこか体の調子が悪いときは、病院やクリニックを探すのにも便利です。Google Mapなら近くの施設を一斉に探せますし、専門の情報サイトで口コミ情報を見てみるのも良いでしょう。

災害時にも

最近では、メールやSNSを通じて防犯・防災、危機管理関連情報等を配信する自治体が増えてきました。スマホがあればいち早く情報を得て、落ち着いて行動することができますね。

もしもの時に備えて

最近のスマホには、思わぬ事故や病気で外出先で倒れてしまった場合に備え、「緊急SOS」(iPhone)や「緊急時情報」(Android)という機能も用意されています。緊急時に自動的に家族などに連絡を取ったり、周囲の人へ必要な情報を伝え、適切な処置をとってもうらためのものです。

更新日: